無料診断サービスお申込み 093-383-8278 メールを送る
交通事故の慰謝料増額の弁護士 メニュー

傷害による損害項目

通院交通費

通院交通費とは 

通院交通費の計算

自宅や勤務先から病院へ通院するための通院交通費も、事故の損害として認められます。

赤い本によれば
「症状などによりタクシー利用が相当とされる場合以外は電車、バスの料金。自家用車を利用した場合は実費相当額」
とされています。

タクシー利用が認められるのは、下肢のケガや高齢のためバス停等への往復が困難な場合、そもそもバス停等が遠すぎる場合、等が考えられます。

自家用車を利用した場合、ガソリン代等の実費については往復の距離に応じて1キロメートル当たり15円程度で計算される場合が多いです。

病院ないし付近の駐車場を利用し、駐車場費用がかかった場合には、その費用も損害と認められます。

請求の実際

通院交通費については、被害者から加害者側保険会社に、タクシーの場合は領収証、公共交通機関や自家用車の場合には通院手段の明細表を出して請求することとなります。

保険会社側も、通院交通費を強く争ってくるケースは少ないのですが、タクシー費用については、「公共交通機関で良かったのではないか」などとして争ってくることがあります。
従って、タクシー通院をする場合には、その必要性を立証できるかどうかを検討しておく必要があります。

慰謝料・示談金無料診断サービス保険会社提示の慰謝料・示談金が適切かどうか弁護士が直接、無料で診断いたします。

小倉駅前法律事務所 
小倉駅小倉城口(南口)から徒歩3分 平和通駅4番出口から徒歩0分

交通事故の慰謝料増額の弁護士メールする
慰謝料示談金無料診断サービス