無料診断サービスお申込み 093-383-8278 メールを送る
交通事故の慰謝料増額の弁護士 メニュー

傷害による損害項目

休業損害

休業損害について事故により傷害を負い、入通院治療を要する場合、その治療期間中は働けず、仕事等に支障がでることもあります。

このような支障による損失を「休業損害」と呼び、これに対する補償を事故加害者に請求することが認められています。

サラリーマンの方が事故のために休業し、その間給料が出なかった場合にその補償が認められることは当然ですが、有給休暇を取って治療し、結果的に給料が減らなかった場合であっても、余計な有給をとったことに対応する休業損害は認められます。

また、主婦、会社役員、個人事業主、無職者等については、加害者側保険会社から「休業損害は認めない」と争われることが少なくありませんが、事故により家事や経営者としての仕事に支障が出ている以上、当然に請求して良いものです。

詳細については、下記の項目をクリックしてください。

慰謝料・示談金無料診断サービス保険会社提示の慰謝料・示談金が適切かどうか弁護士が直接、無料で診断いたします。

小倉駅前法律事務所 
小倉駅小倉城口(南口)から徒歩3分 平和通駅4番出口から徒歩0分

交通事故の慰謝料増額の弁護士メールする
慰謝料示談金無料診断サービス