無料診断サービスお申込み 093-383-8278 メールを送る
交通事故の慰謝料増額の弁護士 メニュー

傷害による損害項目

サラリーマンの休業損害

給与所得者の休業損害

交通事故の治療で悩む男性

給与所得者(いわゆるサラリーマンの方)が、事故の傷害により休業した場合の休業損害については

とされています。

現実の収入減については、勤務先の作成した「休業損害証明書」により証明します。
休業損害証明書の書式についてはこちら
休業損害証明書の記載例についてはこちら

なお、有給休暇については、例えば事故後有給休暇を5日とって治療に専念したという場合、被害者本人の給与は減額されませんが、「本来余暇等に使えたはずの有給休暇が使えなくなった」という損害がありますので、給与の日額×5日分の休業損害を請求することができます。

請求の実務

サラリーマンの減収の金額は比較的明確なので、まともな勤務先の作成した「休業損害証明書」さえ提出すれば、保険会社も特に文句無く支払ってくれることが通常です。

他方、有給休暇分の休業損害については、被害者本人から保険会社へ請求しても「収入が減っていないから」などとして支払いを拒否されるケースが少なくありません。
上記は「明らかに裁判所基準から逸脱した不当な払い渋り」であり、弁護士が代理人として支払いを請求すれば、支払ってくるのが一般です。

慰謝料・示談金無料診断サービス保険会社提示の慰謝料・示談金が適切かどうか弁護士が直接、無料で診断いたします。

小倉駅前法律事務所 
小倉駅小倉城口(南口)から徒歩3分 平和通駅4番出口から徒歩0分

交通事故の慰謝料増額の弁護士メールする
慰謝料示談金無料診断サービス