無料診断サービスお申込み 093-383-8278 メールを送る
交通事故の慰謝料増額の弁護士 メニュー

状況別解説

交通事故で怪我をされた方へ

交通事故の慰謝料増額の弁護士 > 状況別解説 > 交通事故で怪我をされた方へ

交通事故で怪我をされた方へ

交通事故の危機

誰しも事故には遭いたくないものですが、現代の車社会では、交通事故の危険は避けられません。

交通事故で怪我をされた場合、十分な期間をかけて手厚い治療を受けたいところですが、その治療費をどのようにして支払うかが問題になります。
入院治療のために休業するのであれば加害者に休業補償を求めることになりますし、ケガをした精神的苦痛に対する慰謝料も請求する必要があります。

これらの問題について、常に加害者側の保険会社が誠意ある対応を取ってくれるとは限りません。
加害者の契約している保険会社は、あくまで「加害者側」の方々であり、被害者の味方ではないからです。

被害者が正しい損害賠償を得るためには、「損害賠償のプロ」である弁護士にご相談いただくのが一番の近道です。

弁護士に相談する時期は?

弁護士とのご相談はできるだけ早期に

弁護士にご相談いただくとして、そのタイミングはいつが適切でしょうか?

事案にもよりますが、結論的には、「可能な限り早期にご相談頂いた方が良い」ということになります。

交通事故の発生状況に関する証拠には、防犯カメラの映像のように、短期間でなくなってしまうものもあります。
また、被害者側の過失が大きいと見られる事故では、治療費の支払いに健康保険の使用を考えた方が良いかもしれません。

お怪我の内容によっては、将来的に後遺障害の申請を見据えて治療を進めていくことになりますが、そのような場合には、経験ある弁護士に相談した上で、早期に方針を立てて動いた方が良いこともあります。

後になって「あのときこうしておけば良かったのに…」ということになるくらいなら、早々にご相談いただくべきでしょう。

当事務所では、交通事故の初回相談を無料としておりますので、ご遠慮なくご相談ください。

どんなことを相談できる?

弁護士にできること

弁護士がお役にたてるのは、下記のようなご相談です。
これらのお悩みがある方は、是非弁護士にご相談ください。

弁護士に事件を依頼するメリットは

北九州市で交通事故を専門とする弁護士

交通事故被害者の方が弁護士にご依頼をされるメリットは沢山ありますが、最も分かり易いのは、「慰謝料の増額」でしょう。

被害者の入通院などに対する保険会社の慰謝料提示基準は、裁判所の基準よりも低く、不当に低い提示がなされる場合が多々あります。
そのような場合には、裁判の専門家である弁護士が交渉することにより、慰謝料を増額することができます。

当事務所の取扱事件でも、被害者側に弁護士がついたというだけの理由で、保険会社が早々に慰謝料の増額を提示してきた事例が多々ございます。

当事務所では、保険会社の示談提示文書をご持参頂いたお客様に、即日その場で正当な慰謝料等を算定しお示しする示談金無料診断サービスを行っております。
ぜひご利用下さい。

弁護士費用の問題は?

交通事故の弁護士費用について

弁護士に依頼する場合、その費用が高額なのではないだろうか?というご心配があろうかと思います。

もし、貴方や貴方の同居のご親族等が自動車保険に加入しており「弁護士費用特約」が使用できる場合には、この特約から弁護士費用を出して貰うことが可能となります。

また、仮に特約が使えない場合でも、既に加害者側保険会社からの示談提示を受けている被害者の方については、「増額した場合にのみ、その増額分に対応する成功報酬をいただく」という完全成功報酬制を採用しております。

当事務所では、このような弁護士費用の問題についても、お客様の納得がいくまで十分にご説明を致します。

どうぞご遠慮なくご相談をいただき、弁護士費用の詳細についてもお尋ねください。

状況別解説の他の記事を読む

すべての記事を表示する

慰謝料・示談金無料診断サービス保険会社提示の慰謝料・示談金が適切かどうか弁護士が直接、無料で診断いたします。

小倉駅前法律事務所 
小倉駅小倉城口(南口)から徒歩3分 平和通駅4番出口から徒歩0分

交通事故の慰謝料増額の弁護士メールする
慰謝料示談金無料診断サービス